top of page

 

2024

瀬戸内海分校プロジェクト
海は人を愛する


「ひと⇄うみ」展 

hi.jpg

プロジェクト概要

2022年度から新たに始まった香川県・東京藝術大学 瀬戸内海分校プロジェクトは今年で3年目を迎え、文部科学省および日本学術振興会(JSPS)が実施する「地域中核・特色ある研究大学強化促進事業(J-PEAKS)」に東京藝術大学と香川大学が連携による構想が採択されたことから本プロジェクトも香川大学とさらに大きく連携をしながら、プロジェクトを進めることになりました。2024年度は東京藝術大学出身のアーティストと地元アーティストを選抜し、海環境をおもい「海は人を愛する」をメインテーマに、人と海の関係を考える「ひと⇄うみ」をサブテーマに2024年夏にお披露目する香川大学せとうち芸術未来研究場(高松市庵治町)やその他県内各地でワークショップや展覧会を開催します。

香川県内の中高校生が出展アーティストとともにチームをつくり、香川大学生や東京藝術大学生や香川県民の皆さんのサポートを仰ぎながら、瀬戸内海についてのリサーチ・企画を8月におこない、10月から11月初旬に展覧会を開催します。展覧会に至るまで作品制作や展示などをアーティストを中心にチームと共に考え、創り上げます。

メインビジュアル最終_中画質.jpg

「ひと⇄うみ」展 リサーチ・企画編
 参加者募集(3期生募集)

プロジェクト第一弾となるリサーチ・企画編では、展覧会に向け、アーティストとともに県内の中学生・高校生が瀬戸内海と人との関係についてリサーチ(フィールドワーク、ワークショップ等)を行い、様々な視点から海のことを考え、作品の企画立案を行います。講師やアーティストから、作品制作での視点やポイントなどを学ぶことができます。第一線で活躍するアーティストの作品制作に携わることができる貴重な機会です。ぜひご参加ください。

香川県・東京藝術大学・香川大学連携事業

香川県と東京藝術大学は連携して、文化芸術に親しむ機会を県民の皆様に提供するとともに、地域の活性化につなげ、若手芸術家の育成支援などをとおして、2010年度から現代美術の芸術家の制作活動に触れるアートプロジェクトを県内で展開しています。
2024年度から東京藝術大学と香川大学と連携し文部科学省が主導する「地域中核・特色ある研究大学強化促進事業(J-PEAKS)」令和5年度の採択を受けて香川県と東京藝術大学、香川大学と連携してアートと科学技術による「心の豊かさ」を根幹とし たイノベーション創出と地域に根差した課題解決の 広域展開の取り組みの核として「瀬戸内海分校プロジェクト」位置付けながら中高生、若手アーティストの人材育成に取り組みながら、香川県が抱える海洋や離島、過疎地域の課題解決を共に考えます。

bottom of page