top of page
IMG_2045.jpeg

Artist

伊東五津美_.jpg

伊東 五津美       ITO Izumi

招待作家

東京藝術大学絵画科油画 教育研究助手

1988年、千葉県生まれ。2021年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。2022年より同大学、絵画科油画教育研究助手として勤務。美術作家。

自身の身体をメディウムとして捉え、場所を移動した先での視点や自然に介入した時の感覚をきっかけに、普段の生活との違いや時間軸の差異をテーマに制作をしている。身体の動きの連続性の中にある形と場所がもつ記憶を可視化すること、作品の生まれる余白に意識を向けた制作を目指している。インスタレーション、立体、写真など多様なメディアを横断しながら作品を発表している。

主な展示に、2018年「桃源郷芸術際」天心記念五浦美術館/茨城「ぶらまちアート 2018 歴史・町広島竹原芸術祭」竹原町並み保存地区/ 広島 2019年「 瀬戸内国際芸術祭 2019 秋会期」(公益財団法人 四国民家博物館「四国村」/香川)2021年「 第8回 アラカルト」(船橋市民ギャラリー/千葉)「 芸術の散歩道」(上野公園/東京)2022年「天空の芸術祭2022」(海野宿/長野県)「USHIKU REDESIGN PROJECT OPENING」(市原牛久商店街/千葉)

itou_3_1.jpg
伊東_1.jpg

伊東五津美「弧を描く」2019

bottom of page